安来市解体工事補助金|空き家やブロック塀ほか

安来市 解体 補助金

安来市で古い空き家の処分に困っているのなら、補助金を活用して解体工事を安くしましょう。
ここでは安来市木造住宅耐震化等促進事業の内容や解体業者を選ぶポイントを解説しています。

安来市木造住宅耐震化等促進事業

安来市木造住宅耐震化等促進事業

安来市木造住宅耐震化等促進事業の基本情報
事業名 安来市木造住宅耐震化等促進事業
分類 ①耐震化 (1)耐震改修 (2)耐震診断 (3)設計 ⑦その他 (5)その他 耐震改修工事に併せて行う住宅修繕 耐震性の無い住宅の除却工事
方法 ①補助
対象工事 ①地震災害対策工事の実施(診断・設計も含む)
対象費用 ①特定の工事の工事費用に応じて決定
補助率等 【耐震診断】補助割合:9/10 補助金限度額:6万円 【耐震補強設計】補助割合:2/3 補助金限度額:40万円 【耐震改修】補助割合:23/100 補助金限度額:83.3万円 【住宅修繕】補助割合:1/5 補助金限度額:80万円 【解体助成】補助割合:23/100 補助限度額:40万円
対象住宅 対象用途:一戸建て(木造)、長屋建(木造)、共同住宅(木造)等 階数が2以下 昭和56年5月31日以前に建築された建物 現に居住の用に供していること
発注者 ④その他の要件 市税の滞納がない者等
工事施工者 ③その他の要件 ④要件なし 耐震診断及び耐震補強設計:建築士事務所に所属する建築士で島根県耐震改修設計施工技術者名簿に登載されている者 耐震改修工事、住宅修繕工事、除却工事:要件なし
URL 島根県安来市:くらし:木造住宅耐震化等促進事業
問い合わせ先 建築住宅課
0854-23-3325

対象工事

建物の解体工事

補助金額・補助割合

〇耐震診断事業:補助金の額:補助対象経費の10分の9以内の額 (補助限度額:住宅1棟当たり60,000円)〇耐震補強設計事業:補助金の額:補助対象経費の3分の2以内の額 (補助限度額:住宅1棟当たり400,000円)〇耐震改修事業:補助金の額:補助対象経費の100分の23以内の額 補助限度額:住宅1棟当たり838,000円(ただし、耐震改修工事を施工する業者が市外業者の場合は、700,000円)〇住宅修繕事業:補助金の額:補助対象経費の5分の1以内の額 補助限度額:住宅1棟当たり800,000円(ただし、住宅修繕工事を施工する業者が市外業者の場合は、700,000円)〇解体助成事業:補助金の額:補助対象経費の100分の23以内の額 補助限度額:住宅1棟当たり400,000円(ただし、除却工事を施工する業者が市外業者の場合は、300,000円)

申請期間

申請期間記載ありません。 助成予定期間:平成28年4月1日から令和4年3月31日

補助金の詳細

木造住宅の耐震化を図り地震に強いまちづくりを目指すため、地震による木造住宅の倒壊の防止を促進し、もって市民の生命及び財産の保護を図り、安全性の向上及び既存ストックの質の向上、安全安心なまちづくりを促進するため、木造住宅耐震化等促進事業に要する費用の一部を助成します。